任意保険 いくら

任意保険はいくらくらいが相場なの?

自動車保険

細かく言うと、年間で14,640円なんだ〜
自動車保険の料金

 

安いでしょ。

 

もちろん年齢によっても値段が違うんだけどね。

20歳前後の若い人は、運転が未熟なため保険料が高く設定されています。

 

30〜50歳くらいになると、運転が上手くなるため保険料が割安になります。

 

60歳以上になると再び事故の確率が上がるため保険料が高くなります。

 

さらに、任意保険の保険料は、
年齢・地域・ノンフリート等級・車種・車の使用目的・免許の色などによっても大きく変わります。

自動車保険 相場

 

このように任意保険の相場や価格は人それぞれで違います。
だから、ネットで探しても、あなたの条件の料金はわからないのです。

 

 

では、どうしたらいいのかというと、
あなたの条件で、見積もりを取ってみるのが一番早い!

 

 

見積もりを取ると料金はわかるのですが、

やっぱり、一番の目的は自動車保険料を安くしたいってことではないでしょうか?

 

どこの保険会社でも、たいして変わらないって思いますか?

 

自動車保険 最安値

 

今回の場合、
前の保険の継続料が28,480円で、比較したら保険料が14,640円になったので、
なんと保険料が13,840円も安くなりました

 

 

自動車保険 いくら

何ケ所も見積もりを取るって大変!?

 

それが、一括見積もりのサービスを使えば、1度だけで済みます。

 

自動車保険 安い

 

保険会社からの正確な保険料は、
メールですぐに返信されるものと、ハガキで郵送されるものがあります。
保険会社から電話での勧誘はありません。

 

 

自動車保険の一括見積もりのサービスでは、
あなたの任意保険の料金が、一覧になってすぐに画面で確認できます。

 

無料のサービスなので、値段だけの確認でも大丈夫。

自動車保険 比較
自動車 任意保険 補償

 

5万円以上安くなった人もいますので、値段を確認してみてくださいね。

 

 

 

 

任意保険は必ず入りましょう

 

自動車保険には強制加入の自賠責保険がありますが、自賠責保険は事故の被害者の怪我や障害、死亡に対する補償しかありません。
自分の怪我や車の修理代などは全く出ないのです。

 

だからこそ自動者任意保険への加入が必要です。
任意保険は自賠責保険で賄うことができないところを補償するものだからです。

 

では任意保険にはどのような補償内容があるのでしょうか?
大きく分けると4種類の補償があります。

 

1.対人賠償 2.対物賠償 3.人身傷害 4.車両保険です。

 

自動車 任意保険 補償

 

1.対人賠償:契約した車で他人を死傷させた場合に、相手方の治療費や慰謝料などを補償します。 

 

2.対物賠償:契約した車で相手の車や壁、電柱など他人のモノを壊してしまい、法律上の損害賠償責任を負った場合に補償します。

 

3.人身傷害:契約した車に乗車中の事故で、自分や搭乗者が死傷した場合に過失割合に関係なく、実際の損害額に対して保険金が支払われます。 

 

4.車両保険:契約した車が事故で破損した場合や、イタズラをされた時に修理費などを補償します。

 

この4つの補償の他に特約などを付加して、自分にピッタリの任意保険にカスタマイズしていくのです。
自分と全く同じ条件で任意保険に加入する人を探すのは不可能です。

 

自分自身の相場や最安値を知りたいなら複数の自動車保険会社に見積もりをするしか方法がないのです。

 

幸い今は自動車保険一括見積もりが可能で、相場や最安値も簡単に比較することが出来ます。

 

自動車 任意保険 補償

 

 

任意保険の補償の設定

 

自動車 任意保険 補償金額

 

この@対人賠償 A対物賠償 B人身傷害 C車両保険の補償額をいくらに設定するかによって月々の保険料が変わります。
オススメは以下の通りです。

 

1.対人賠償は無制限で契約しましょう。 
2.対物賠償は無制限で契約しましょう。 
3.人身傷害は3000万円〜保険料に応じて契約しましょう。 
4.車両保険は車のローンの有無、買い替えの検討などを考慮して契約しましょう。

 

1.対人賠償は無制限で契約しましょう。 
事故の相手を死傷させた場合に備えて、無制限で契約しておきましょう。

 

2.対物賠償は無制限で契約しましょう。 
事故相手の車やカードレール・信号機などの修理に備えて、無制限で契約しておきましょう。

 

3.人身傷害は3000万円〜保険料に応じて契約しましょう。
実際にかかった損害額に対して支払われる人身傷害、最低限でもいいのでつけておきましょう。 

 

4.車両保険は車のローンの有無、買い替えの検討などを考慮して契約しましょう。
車両保険は保険料がかなり上がるので、必要に応じて加入しましょう。
ローンが残っている車は加入しておくと安心です。

 

補償の幅の広い「一般型」がおすすめですが、補償範囲が限定された「エコノミー型」なら保険料が抑えられます。

 

 

自動車保険の特約とは?

 

任意保険 特約

 

自動車保険には補償の他にも「特約」があり、保険をより安心できる内容にするものです。
有名な特約は弁護士特約で、こちらに非がない貰い事故の場合に大変活躍する保険なので付けることをオススメします。

 

<弁護士特約>
自分の車が停まっていたのに別の車が突っ込んできた場合など、こちらに全く責任の無い事故を「もらい事故」と言います。
この場合は弁護士法上、あなたの加入している自動車保険は示談交渉をすることが出来ません。

 

もらい事故の場合は相手方との交渉は時分で行うか弁護士に委任するしかなく、この弁護士費用を補償するのが弁護士特約になります。

 

弁護士特約は記名被保険者やその家族が補償の対象となります。
自動車以外の日常の事故で弁護士に相談したいときに適用できるものもあります。

 

 

<個人賠償特約>
自動車事故以外の偶然の事故で他人に怪我をさせたり、他人の物を壊した場合で法律上の損害賠償責任を負った場合に補償します。
例えば自分が自転車に乗っていた時に人に怪我をさせてしまった場合など。

 

記名被保険者やその家族等が補償の対象で、相手方との示談交渉もしてくれる特約です。

 

<ファミリーバイク特約>
原付バイクの事故で被保険者が死傷された場合や、法律上の損害賠償責任を負った場合に補償するものです。
借りた原付バイクを使用していた場合の事故も補償対象です。
記名被保険者とその家族を補償します。

 

ロードサービスとは

 

任意保険 ロードサービス

 

自動車保険は自動車事故の時だけに活躍するものではありません。

 

契約車両のトラブル、つまり車の故障でも活躍します。
それがロードサービスです。

 

自動車任意保険のロードサービスなんてどこでも同じでしょう?と思われているかもしれませんが、それは間違いです。
保険会社によってレッカー移動が「50kmまで無料」のところや「100kmまで無料」のところなど、ロードサービスの内容には差があります。

 

どんなロードサービスがあるのか、保険に加入する前に確認しておきましょう。
自動車事故に遭う確率よりも、自動車が故障する確率の方が高いので、ロードサービスで比較するのは大切です。

 

もしロードサービスを利用しても等級はダウンしませんから、翌年の保険料に影響はありません
では、どんなサービスがあるのでしょうか?

 

<車へのロードサービス>
1.バッテリー上がり
2.パンク
3.キーの閉じ込め
4.ガス欠
5.レッカー移動
6.その他のトラブル

 

<人へのロードサービス>
契約している車が動かなくなった場合に、置き去りは困りますね

 

1.帰宅費用サポート(自宅もしくは目的地まで)
2.レンタカー費用サポート(24時間まで)
3.宿泊費用サポート(1泊まで)

 

このように手厚くサポートしてくれます。
もし運転中に車が動かなくなったら、保険会社に連絡することを思い出してくださいね。

 

 

代理店型と通販型

 

任意保険 店舗型 ネット型

 

自動車任意保険の会社は、代理店型と通販型とがあります。

 

代理店型はお住いの近くに店舗を構え、担当者がつき、いざという時の事故に備える頼れるパートナーというイメージの保険会社です。
もしもの事故や故障の時に誰に連絡すればいいのかがわかりやすいですね。

 

一方通販型は、お近くに店舗を構えず一括集中で管理しており、いざという時はスタッフが派遣されます。
代理店型よりも店舗や人員を多く持たない分、保険料が安いというメリットがあります。
さらに24時間インターネットで申し込むことも出来るので、申し込むのに時間や場所を選びません。

 

代理店型と通販型にはそれぞれメリットもデメリットもあります。

 

どちらの保険会社を選ぶかは、安心を重視するのか保険料を重視するのかによりますね。

 

 

事故に遭った時にすること

 

交通事故 すること

 

急な交通事故に遭ったら、誰しも冷静な判断ができなくなってパニックになります。
まず何からすればいいのか、わからなくなってしまうのです。

 

ですから冷静な今のうちに「事故の時にやるべきこと」を把握しておきましょう。

 

1.まず怪我人がいる場合は安全な場所を確保して救急車を呼び、応急救護措置を取りましょう。
近くに人がいる場合は大きな声で呼んで、協力してもらいましょう。

 

2.次に警察に連絡します。
たとえ小さな事故でも「事故証明書」がないと保険金が出ないことがあります。
恥ずかしいので一刻も早く現場から離れたいと思っても、必ず警察を呼んでくださいね。

 

3.そして相手の氏名・生年月日・住所・電話番号・ナンバープレートなどを確認しましょう。
もし相手が加入している保険会社がわかるなら、証券番号を確認してください。
そして相手の連絡先を聞いておきましょう。

 

4.最後に保険会社に連絡します。
事故の直後は「大丈夫」と言っていた相手でも日が経つと体に痛みが出ることがあります。
その場で安易な口約束をしないでくださいね。

 

事故の直後は自分や事故相手がすごく怒っていたりして冷静でない場合もあります。
自分と相手だけで話合わず、警察や保険会社など第3者を交えて冷静になりましょう。

 

 

 

 

 

軽自動車の任意保険の相場

 

軽自動車の自動任意保険の保険料はどのくらいかかるのでしょうか?
ここでひとつの例を挙げてみましょう。

 

1.ノンフリート等級が6等級・レジャー使用(〜3000km以下)と想定します。

 

任意保険 軽自動車 相場

 

免許取り立ての18〜20歳は、保険料がかなり高いですね。
車両保険なしでも月払い5000円以上、車両保険をつける9200円ほどかかります。
免許取立ての時は、運転が未熟なため車を擦ったりぶつけたりするリスクが高くなります。

 

20〜60歳になると随分、保険料が安くなります。
しかし61歳以上になると、再び事故のリスクが上がるため保険料が上がります。

 

それでも軽自動車の保険料は、他の車両に比べて安いです。

 

 

小型車の任意保険の相場

小型車の自動任意保険の保険料はどのくらいかかるのでしょうか?
ここでひとつの例を挙げてみましょう。

 

2.ノンフリート等級が14等級・レジャー使用(〜3000km以下)と想定します。
14等級になるには最低でも8年はかかりますので、18歳+8年で26歳がスタートとなります。

 

任意保険 小型車 相場

 

小型車ではありますが、保険料は比較的安い感じがしますね。
やはり、ノンフリート等級14等級というところで、大幅な割引が効いています。

 

運転が上手くなったことや、長期間無事故である点が評価されます。
30〜50歳は1番運転する世代なので、保険料が安いのは助かりますね。
いくら安いのか確認できると決めやすいですね。

 

 

普通乗用車の任意保険の相場

普通乗用車の自動任意保険の保険料はどのくらいかかるのでしょうか?
ここでひとつの例を挙げてみましょう。

 

3.20等級・通勤使用(5000〜10000km)と想定します。
20等級になるには最低14年かかるので、18歳+14年で32歳スタートとなります。

 

任意保険 普通乗用車 相場

 

20等級ともなるとかなりの割引になりますので、保険料はかなり安く感じます。
通勤用に毎日車を使っても、若い人の軽自動車よりも保険料はいくらか安いです。

 

20等級というのは長期間無事故であり、それまで支払った保険料もほぼ使っていないので信用度が高いわけですね。
長期間安全運転の優良ドライバーを目指しましょう。