任意保険 いくら

任意保険はいくらくらいが相場なの?

自動車 任意保険 保険料

 

自動車 任意保険 相場

 

自動車 任意保険 見積もり

 

自動車 任意保険 最安値

 

 

自動車を運転するときは自動者任意保険への加入が必要です。
任意保険は自賠責保険で賄うことができないところを補償するものだからです。

 

では任意保険にはどのような補償内容があるのでしょうか?
大きく分けると4種類の補償があります。

 

@対人賠償 A対物賠償 B人身傷害 C車両保険です。

 

自動車 任意保険 補償

 

 

@対人賠償:契約車両との事故で他人を死傷させ、法律上の損害賠償責任を負った場合に、相手方の治療費や慰謝料などを補償します。契約時に設定した保険金額が上限。 

 

A対物賠償:契約車両との事故で相手の車や壁、電柱など他人のモノを壊してしまい、法律上の損害賠償責任を負った場合に補償します。契約時に設定した保険金額が上限。 

 

B人身傷害:契約車両に乗車中の方が事故で死傷した場合などに、過失割合に関係なく、実際の損害額に対して保険金が支払われます。 

 

C車両保険:契約車両が事故で破損した場合や、イタズラをされた時に修理費などを補償します。契約時に設定した保険金額が上限。補償範囲の広い「一般型」と限定された「エコノミー型」があり、保険料が異なります。

 

この他に特約などを付加して、自分にピッタリの任意保険にカスタマイズしていくのです。

 

ですから自分と全く同じ条件で任意保険に加入する人を探すのは難しく、相場や最安値を知りたいなら複数の自動車保険会社に見積もりをするしか方法がないのです。

 

幸い今は自動車保険一括見積もりが可能で、相場や最安値も簡単に比較することが出来ます。

 

保険会社からの返事はハガキで郵送されることが多く、電話での営業はほとんどないのでオススメです。

 

自動車 任意保険 補償

 

 

任意保険の保険料はいくらかかるのでしょう?

 

車両保険なし:13000〜100000円
車両保険あり:40000〜210000円

 

簡単にまとめるとこんなに幅があり、車両保険がつくと、かなり保険料が跳ね上がります。
全く役に立たない数字でごめんなさい。

 

どうしてこんなに幅広いかというと、任意保険の保険料は、年齢・地域・ノンフリート等級・車種・車の使用目的・免許の色などによっても大きく変わります。

 

・20歳前後の若い人は運転が未熟なため保険料が高く設定されています。
・30〜50歳くらいになると、運転が上手くなるため保険料が割安になります。
・60歳以上になると再び事故の確率が上がるため保険料が高くなります。

 

このように任意保険の相場や価格は人それぞれ違いすぎて全く参考にできないのです。

 

 

任意保険の補償の設定

 

自動車 任意保険 補償金額

 

この@対人賠償 A対物賠償 B人身傷害 C車両保険の補償額をいくらに設定するかによって月々の保険料が変わります。
オススメは以下の通りです。

 

@対人賠償は無制限で契約しましょう。 
A対物賠償は無制限で契約しましょう。 
B人身傷害は3000万円〜保険料に応じて契約しましょう。 
C車両保険は車のローンの有無、買い替えの検討などを考慮して契約しましょう。

 

@対人賠償は無制限で契約しましょう。 
事故の相手を死傷させた場合に備えて、無制限で契約しておきましょう。

 

A対物賠償は無制限で契約しましょう。 
事故相手の車やカードレール・信号機などの修理に備えて、無制限で契約しておきましょう。

 

B人身傷害は3000万円〜保険料に応じて契約しましょう。
実際にかかった損害額に対して支払われる人身傷害、最低限でもいいのでつけておきましょう。 

 

C車両保険は車のローンの有無、買い替えの検討などを考慮して契約しましょう。
車両保険は保険料がかなり上がるので、必要に応じて加入しましょう。
ローンが残っている車は加入しておくと安心です。

 

補償の幅の広い「一般型」がおすすめですが、補償範囲が限定された「エコノミー型」なら保険料が抑えられます。

 

 

自動車保険の特約とは?

 

任意保険 特約

 

自動車保険には補償の他にも「特約」があり、保険をより安心できる内容にするものです。
有名な特約は弁護士特約で、こちらに非がない貰い事故の場合に大変活躍する保険なので付けることをオススメします。

 

<弁護士特約>
自分の車が停まっていたのに別の車が突っ込んできた場合など、こちらに全く責任の無い事故を「もらい事故」と言います。
この場合は弁護士法上、あなたの加入している自動車保険は示談交渉をすることが出来ません。

 

もらい事故の場合は相手方との交渉は時分で行うか弁護士に委任するしかなく、この弁護士費用を補償するのが弁護士特約になります。

 

弁護士特約は記名被保険者やその家族が補償の対象となります。
自動車以外の日常の事故で弁護士に相談したいときに適用できるものもあります。

 

 

<個人賠償特約>
自動車事故以外の偶然の事故で他人に怪我をさせたり、他人の物を壊した場合で法律上の損害賠償責任を負った場合に補償します。
例えば自分が自転車に乗っていた時に人に怪我をさせてしまった場合など。

 

記名被保険者やその家族等が補償の対象で、相手方との示談交渉もしてくれる特約です。

 

<ファミリーバイク特約>
原付バイクの事故で被保険者が死傷された場合や、法律上の損害賠償責任を負った場合に補償するものです。
借りた原付バイクを使用していた場合の事故も補償対象です。
記名被保険者とその家族を補償します。

 

 

軽自動車の任意保険の相場

 

軽自動車の自動任意保険の保険料はどのくらいかかるのでしょうか?
ここでひとつの例を挙げてみましょう。

 

@ノンフリート等級が6等級・レジャー使用(〜3000km以下)と想定します。

 

任意保険 軽自動車 相場

 

免許取り立ての18〜20歳は、保険料がかなり高いですね。
車両保険なしでも月払い5000円以上、車両保険をつける9200円ほどかかります。
免許取立ての時は、運転が未熟なため車を擦ったりぶつけたりするリスクが高くなります。

 

20〜60歳になると随分、保険料が安くなります。
しかし61歳以上になると、再び事故のリスクが上がるため保険料が上がります。

 

それでも軽自動車の保険料は、他の車両に比べて安いです。

 

 

小型車の任意保険の相場

小型車の自動任意保険の保険料はどのくらいかかるのでしょうか?
ここでひとつの例を挙げてみましょう。

 

Aノンフリート等級が14等級・レジャー使用(〜3000km以下)と想定します。
14等級になるには最低でも8年はかかりますので、18歳+8年で26歳がスタートとなります。

 

任意保険 小型車 相場

 

小型車ではありますが、保険料は比較的安い感じがしますね。
やはり、ノンフリート等級14等級というところで、大幅な割引が効いています。

 

運転が上手くなったことや、長期間無事故である点が評価されます。
30〜50歳は1番運転する世代なので、保険料が安いのは助かりますね。
いくら安いのか確認できると決めやすいですね。

 

 

普通乗用車の任意保険の相場

普通乗用車の自動任意保険の保険料はどのくらいかかるのでしょうか?
ここでひとつの例を挙げてみましょう。

 

B20等級・通勤使用(5000〜10000km)と想定します。
20等級になるには最低14年かかるので、18歳+14年で32歳スタートとなります。

 

任意保険 普通乗用車 相場

 

20等級ともなるとかなりの割引になりますので、保険料はかなり安く感じます。
通勤用に毎日車を使っても、若い人の軽自動車よりも保険料はいくらか安いです。

 

20等級というのは長期間無事故であり、それまで支払った保険料もほぼ使っていないので信用度が高いわけですね。
長期間安全運転の優良ドライバーを目指しましょう。