自動車任意保険 ドライブレコーダー

自動車任意保険とドライブレコーダー

保険 ドライブレコーダー

 

あおり運転や危険な運転をする人が多いため、最近はドライブレコーダーの存在意義が大きくなっています。

 

ドライブレコーダーは交通事故の原因を見つけたり、どちらの過失が大きいのかを後から確認出来るため事故処理にも役立っています。
交通事故を起こした時は気が動転してはっきり思い出せないうえ、自己防衛反応が働いてしまうので「自分は悪くない」と主張してしまいます。そして事故の相手もそうなります。

 

どちらの過失が大きいのか口頭ではわからなくても、ドライブレコーダーがあれば冷静に事故の原因を探ることができます。

 

ウインカーを出して車線変更をしたかどうかでも過失割合が変わってしまう世界です。

 

大手の自動車任意保険の会社ではドライブレコーダーの映像をすぐに解析して、過失割合を決めるのに役立てています。

 

たとえ自分に過失が全くないと自信があっても、それを証明できなければ意味がありません。
もしドライブレコーダーがまだついてない方は早く付けることをオススメします。

トップページ > 任意保険はいくらくらいが相場なの?