任意保険 いくら 人身傷害

人身傷害

人身傷害

 

自動車任意保険の人身傷害は、自分や同乗者が死傷した場合の治療費・休業損害などを補償するものです。

 

事故にあって怪我をしたら治療費が必要ですが、急な高額出費で慌ててしまうかもしれません。

 

人身傷害に加入していれば過失割合に関係なく、事故の相手との示談交渉の前に保険金が支払われるので、お金の心配をせずに安心して治療を受けることができます。

 

ちなみに人身傷害には「車内のみ補償型」と「車内+車外保証型」とがあります。

 

・車内のみ補償型:契約車両に乗っていた時の事故のみ補償します。 

 

・車内+車外保証型:記名被保険者とその家族の歩行中や自転車に乗っていた時の自動車事故、他人の車に乗車中の自動車事故なども補償します。

 

人身傷害の上乗せ補償に、搭乗者傷害特約があります。

 

こちらも人身傷害と同様で自分や同乗者が死傷した場合に保険金が支払われます。

 

人身傷害と搭乗者傷害の大きな違いは、保険金の支払われ方と保険金の支払い時期です。

 

人身傷害は契約時の保険金額を上限とした実際の損害額が支払われます。
搭乗者傷害は入院や通院の日数や後遺障害の程度に応じて保険金が支払われます。

 

また人身傷害保険は保険金の額が確定するまでにすこし日数が必要ですが、搭乗者傷害保険は入院および通院の日数が5日以上経過した時点で支払われるため退院の際には現金を手にすることができるので安心なのです。

 

搭乗者障害のほうが保険金の支払いのタイミングがスピーディなのです。
つまり搭乗者傷害をセットにしておくことで、事故後に速やかに保険金を受け取ることができます。

トップページ > 任意保険はいくらくらいが相場なの?